GPD WIN2  情報集積サイト


トップページに戻る




<次のGPD WIN3の性能予測、いつでるのかについて>






順調に初代から進化してきたGPD WIN2。



実はWIN2が販売される前から



GPDユーザー達の間ではほぼ間違いなくGPD WIN3は出るだろうと予測されている。








<GPD WIN3の発売日は?>





感情抜きのデータのみから推測したい。





初代GPD WINが出ててから、GPD WIN2が出るまでの間の期間は


約1年7ヶ月であった。


ようするに約二年である。







つまり単純計算すると、GPD WIN3が同じ位のインターバルで出てくるとすれば


2020年にGPD WIN3が発売されるということだ。







ただし、これはあくまでも初代win1からwin2までの期間なので


GPD WIN3が必ずしも同じ期間を要して出てくるかは分からない。






あくまでも何も無い状況から、前のデータを参考にして推測した解釈である。







<GPD WIN3で搭載されるCPUは?>





まず何といっても注目されるのはCPUである。





CPUはPCの頭脳であり、他の性能がどれだけよくてもCPUが低性能なら、PCの性能も低性能のまま。






逆に言うとCPUがよければ他の性能がイマイチでも大きく底上げされる。


ある一部のユーザー達は次はRyzenが載るに違いない、というか載って欲しいと主張していた。








<Ryzenとは?>





RyzenとはAMDが開発したCPUである。


コア数が多く、ゲーミングPCに向いているとされる。


価格もインテル製と比べると安い。




……ここまで聞くと一見完璧に聞こえるが、弱点も多い。







<Ryzenの弱点>





そもそもAMD製のCPUは熱い・電力を多く使う、というよくない特徴がある。


Ryzenもそうだ。実際問題として、その点で他のユーザー界隈ではRyzenはありえないと言われている。







そして肝心なのは、GPD WIN系列の根本的な設計思想は


省電力でバッテリーが長時間持つことを主軸にしている。







これは製品を見れば分かる通り、携帯ゲーム機のような小さいパソコンを


持ち歩いて出来るだけ長く使うというコンセプトで作られている。


そんな製品で電力消費の多いAMDのRyzenを載せてゲームをしたら、バッテリーは二時間ももたないだろう。







また、インテル製の一つあたりのコアの性能は強力で、Ryzenの一つあたりのコア性能は低い。


Ryzenはコアの多さで一つあたりのコア性能の低さをカバーする思想だが、大きな問題がある。







それはソフト側が複数のコアで動く事を想定していないものが多いからだ(特に古いソフトは)。







そうなってくると、搭載しているコア数が多くても、ソフト側が1コアでしか動かないので


1コアあたりの性能が強力なインテル製では快適に動いても、


1コアあたりの性能が低いRyzenではまともに動かない、なんてこともある。








少なくともRyzen……というかAMD製CPUは、


GPDを満足させられるだけの省電力能力を身に着けない限りは採用されないだろう。








無論、将来どうなるかは分からないが、現段階ではGPDの設計思想とは


相容れないので、難しいと言わざるをえない。








<GPD WIN3のCPUはインテル製が濃厚?>





省電力かつ性能もいい第7世代Kaby LakeのCore m3-7Y30が


今回GPD WIN2で採用されたCPUである。






ところで実は


第7世代Kaby Lakeの次の世代の


第8世代coffee lakeが2017年10月5日から製造が始まった。





これまでのシリーズのコア数が


core i3が2コア、corei5とcorei7が4コアだったのに対し、




coffee lakeではコア数が2基増えて、


core i3が4コア、corei5とcorei7が6コアになるというパワーアップを果たしてきた。




GPD WIN3は少なくともcoffee lake以降の物を搭載してくる筈なので、期待が持てる。







実際にはこれまでのインテル新シリーズ投入頻度から見て、2018年終わりごろに


coffee lakeの次の世代が出る筈なので、





仮に2020年にGPD WIN3が発売されるなら、


coffee lakeの次の世代(2018年終わり頃の物)が載ると思われる。







ただし、2019年終わり頃に出る、更に次の新しいインテルCPU世代は


WIN3の設計には間に合わないと思われる。





よって、仮にWIN3の発売が2020年ならば、


coffee lakeの次の世代(2018年終わり頃の物)が載り、


coffee lakeの二個先の世代(2019年終わり頃の物)は見送られる予想だ。









<GPD WIN3ではどう変化してくる?>





CPUについては述べたので、他の部分を語ろう。



初代GPD WINの画面サイズは5.5インチ


GPD WIN2では6インチ





0.5インチほど大きくなっている。


ちなみにGPD POCKETは7インチ。






POCKETはあくまでもビジネス用小型PCとして設計されているから7インチだが


小型ゲーム機を謳っているGPD WINでは


液晶7インチでは全体サイズも大きくなるので、携帯性が下がってあまり現実的ではない。






となると、どれだけ大きくなっても、6〜7インチの間のどれかの大きさに収まるだろう。







GPD WINシリーズは値段を抑える為に、スマホの液晶を流用している。


その為、本来内部では縦画面なのを無理やり横画面にしているので、





それ関係でバグやおかしな画面表示になることがある


(一部ゲームのフルスクリーン時で片側が表示されない、ゲーム画面表示が縦横逆になる、等)。








それを改善する意味で、もしかしたらニンテンドースイッチで採用されている液晶パーツを採用するかもしれない。


スイッチの液晶サイズは6.2インチで、サイズとしては丁度いい。WIN2より0.2インチ程大きくなれる。


また、スイッチの液晶なら誤った縦画面表示の問題をクリアできる可能性もある。







もう一つ。量産品は安い。GPDが特注ではなくスマホ液晶を流用してきたのはその方が安いからだ。


スイッチは世界的に大ヒットをとばしたのでかなり量産されている。


量産パーツは安くなる。


もしかすると、そこにGPDは目をつけるかもしれない。







……なんて少し考えてみたが、実際にはGPDはスイッチ液晶のことは考えず、


普通に今まで通りスマホ液晶を流用する方向でWIN3を作りそうだな、と個人的に思っている。








<フルHDには多分ならない>





一部ユーザーの間では解像度を上げてフルHDにして欲しいという声が


初代WIN1の頃から上がっている。


気持ちはわかるが、GPD社はおそらくWIN3でもそこは変更しないと思われる。







CPU性能が同一のGPD WIN1とGPD POCKETだが、POCKETだけはフルHDだ。


何故なら、WINと違い、POCKETはビジネス用なので重くなるゲーム動作は想定していない。


解像度が高い(フルHD)場合、PCへの負荷は高くなる。








検証している人がいたが、WIN1とPOCKETで同じゲームを動作させた場合、


WIN1では良好なゲーム動作スコアが得られたが、POCKETではあまりよくない結果が出た。CPUは同じなのに。


これは要するに解像度の高さがゲーム動作の足を引っ張っている事を意味する。








所有のパソコンで動きが厳しい・重いゲームを普通・快適レベルに動作させたい場合、


真っ先に行われ、効果的だとされている手法の一つが、ゲーム内設定画面で解像度を下げまくる事なのは


少しでもパソコンに詳しい者達の間では常識になっている。






このロジックからも分かる通り、解像度が高いこと自体がパソコンの処理能力を低下させる。







GPD WINシリーズは少しでもゲームが低負荷で動作することに神経を使っているので


ゲームの動作を犠牲にしてまでフルHDにしようとはしないだろう。






おそらく彼らに言わせれば、どうしてもフルHDでやりたいなら


無理やりPOCKETでプレイするか、他のPC使ってね!になるのだろう。







ただし、WIN3ではCPU性能は更に上がる筈なので


フルHDにはならなくても、解像度をWIN1・WIN2よりも


わずかに上げる可能性はある。





おそらく、上げるとしても本当にごくわずかな範囲に留まるとは思うが。








ただ、「解像度を上げる」可能性と、「これまでの解像度を維持する」可能性で比較した場合、


解像度は現状維持(WIN1・WIN2と同じ)の方向でいく


可能性の方が高いのが現状だ









<最後に>





とりあえずGPD WIN3について予測を書いてみたが、


結果が出た時には何一つ当たっていない可能性も高い。


あくまでも2018年5月時点での考察なので、そのつもりで受け止めて頂きたい。






数年後にはまさかのミラクルでAMDが超省電力CPUを開発! AMDがインテルを出し抜いてWIN3に新型Ryzen採用!


WIN3では思い切ってフルHDに!






……なんてことになるかも分からない。


技術の進歩は著しく、時たま想像を上回る。






だからこそ面白い所もあるのだが。










<追記:新情報>




このページ作成時から時間が経過し、いくつか新情報があるので追記しておく。




<GPD社長はWIN3にインテル製CPUを使いたいと述べる>




GPD社長(英語名:Wada)が4gamerのインタビューを受けてインテル製のCPUを使いたいと述べていた。


(4gamer記事内ではCPUをSoCと呼んでいるが、意味は同じである)。


以下引用文




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(引用)



Wade氏は,GPD WIN 3で採用するSoCには,Intel製プロセッサが第1の候補であるという考えを示した。


Wade氏は,GPD WIN 3で採用を検討しているSoCとして,「9Y30」という名称を挙げていた。




「xY30」という型番は,Core MブランドのCPUで使われているものなので,今後登場するであろうCore MブランドのSoCに,


そうした製品が予定されているようだ。ただ,Wade氏によると,9Y30は本来,


2018年末に量産を開始する予定だったそうだが,Intel側の問題で,このタイミングでの量産はできなくなったのだという。





なぜ量産が遅れたのかについて,Wade氏は具体的に語らなかったが,


次世代CPUに使う予定だった10nmプロセス製品の投入が遅れていることは


Intelも控えめにだが公式に認めている。9Y30の量産が遅れてしまったことも,


Intel側の製造に関する問題が影響したと考えるのは,そう飛躍した話ではないだろう。





だとすれば,Intel製SoCに代えて,GPD WIN 3ではRyzen Embeddedを使うという選択肢はないのだろうか。


その質問に対してWade氏は,GPD WINシリーズのサイズに,


現行世代のAMD製SoCを搭載するのは技術的に難しいとしたうえで,次世代のAMD製SoCであれば考えられると述べていた。





しかしWade氏によると,Intelは,既存のGPDシリーズを開発するときにもさまざま技術的サポートを行ってくれたそうなので,


GPD WIN 3で採用するSoCも第1候補がIntel製SoCになる可能性は高いとのこと。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




引用元:4gamer様より
https://www.4gamer.net/games/409/G040961/20180713166/









<インテルの10nmプロセスの遅延によりCPUの性能進化が鈍化>




本来ならば2018年には「Ice Lake」と呼ばれる


インテルの10nmプロセスのCPUが出る予定だった。


おそらくGPDとしてはこの世代のCPUをWIN3に使いたかったと思われるが、インテルの事情により延期になった。





インテルは10nmプロセスのCPUの開発に難航しており、「Ice Lake」は2019年終わり頃に延期、とインテルがアナウンス。


更に遅れるのでは、という懸念の声もあるが、こればかりはインテルのみぞ知る。





10nmプロセスって何? と思った人に簡単に言うと、半導体プロセスの微細化のことを示している。


もっと簡単に言うと「新技術により性能が飛躍的に上がるよ!」ということだ。


ちなみに今までの技術は14nmプロセスというもので、WIN2に搭載されたKaby Lake世代のCPUも14nmだ。




これが10nmプロセスの「Ice Lake」に変われば、劇的な性能進化が望めるだろうと期待されている訳だ。






ちなみに、インテルは2018年終わり頃に新世代CPUとして


「Whiskey Lake-U」「Amber Lake-Y」を発表・販売が始まった。



どちらも14nmプロセスで製造されており、10nmプロセスの「Ice Lake」が延期になったことで投入された物である。




「Whiskey Lake-U」は消費電力が普通の大型ノートパソコン並の電力消費なので、まずGPDとは無縁だ。


「Amber Lake-Y」は「Kaby Lake-Y」の後継として急遽投入された省電力CPUだが……


はっきり言って期待はずれだったと各所で無念の声が上がっている。





わかりやすく言ってしまえば、「Amber Lake-Y」は実は基本性能は「Kaby Lake-Y」とほぼ一緒であり


消費電力の上限を引き上げただけで、その分性能の数値を上げているように見えるが、


基本性能は「Kaby Lake-Y」から進化が見られない。





むしろ、電力消費をあげてしまった為に、小型端末(GPD製品など)には


新製品の「Amber Lake-Y」よりも旧製品の「Kaby Lake-Y」の方が優れているのではないか、と言われる始末である。


(旧製品による値段の割引と、低消費電力的に)。






消費電力が上がればバッテリーはすぐに無くなってしまうため、基本性能が(ほぼ)一緒なら「Kaby Lake-Y」で十分だという話だ。


つまり、WIN2に「Kaby Lake-Y」が搭載されている現段階では、新製品の「Amber Lake-Y」が出てきても


まるで魅力がないという訳だ。無理に「Amber Lake-Y」をWIN3に載せてもあまり意味がないと判断したのか、




GPDの社長は2020年にGPD WIN3を出す予定だと述べた(マイナビニュースのGPD Pocket2の記事にて)。


おそらく、「Ice Lake」を待つつもりなのだろう。




GPDの開発速度は上がっているようなので、2019年後半に新CPUが出ても間に合うのかもしれない。


もしくは、CPU以外の部分の設計をほとんど済ませておいて、後はCPUを載せて調整するだけ、の段階にしておけば


2020年内でも発売が可能なのかもしれない。







<余談:GPD Pocket2が登場>





アマゾンのGPD Pocket2のページ






WIN2と同じCPUであるCore m3-7y30を採用し、メモリ8GB、本体ストレージは128GB。


画面サイズは7インチ(WIN2は6インチ)。windows10搭載。





最初のPOCKETからの他の改善部分はマイクロSDスロットがついた事や


USBの穴が二個に増えたこと、ファン停止ボタンの追加や、半角/全角キーがついた事などがある。


また、全体のキーサイズを大きくしたことで、打鍵性の向上を図った。





アナログスティック型のポインティングデバイスは廃止され、光学式のポインティングデバイスが


右上の黒帯部分の所に設置された。


右クリック、左クリックボタンは左上の黒帯部分の所に設置されている。




WIN2より画面が大きくてキーボードのキーを大きくしてあり、


文字打ちを快適に行いたい人には最適な超小型機種である。


WIN2の画面サイズやキーボードに苦しんでいる人は、手に入れても損はない。


(WIN2はあくまでもゲーム特化機)








<GPD WIN3と GPD Pocket3は2020年に出す予定>



2018年10月26日のマイナビニュースの


GPD Pocket2の記事の最後に以下のように書かれていた。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(引用)


なお、GPD PocketシリーズおよびGPD WINシリーズは、

>2020年をめどに新製品を開発するとのことです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





<WINとPocketシリーズ以外の新製品を2019年に出す予定>




こちらも同じ2018年10月26日のマイナビニュースの記事に書いてあった。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(引用)


>そして2019年中に、新しいタイプの小型PCの発売を予定していることを明かしました。

>新しい製品の詳細は不明ですが、GPD Pocketシリーズでもなく、

>また、同社が出しているゲーム向けの小型PC「GPD WIN」シリーズでもない、

>2つの「全く新しい小型PC」をリリースするといいます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



これについて、GPDの社長自らが述べているので、間違いはないだろう。



引用元:マイナビニュース様より
https://news.mynavi.jp/article/20181026-gpdpocket2/





<WINとPocketシリーズ以外の新製品ってどういう物?>



これについて、GPD社と仲良くしている某事情通の方はこう述べている。










彼によると、現段階(2018年10月末時点)では、GPD社は3つの新製品を計画しているようだ。


彼によればその内の一つはスマートフォンの可能性があるらしいが……


GPDスマートフォン? ゲーミングに特化したスマホなのだろうか。




しかし、スマホならば普通に考えると競合他社が多いので、需要はどれ程あるのだろうか。


何か一際光る特徴がないとGPDのようなマイナーな中小企業がスマホ市場で生き抜くのは厳しそうだが、


それはGPD社も承知している筈なので、ひとまず静観したい。






残る二つについては、ある海外GPDユーザーは、一つは「 GPD XDシリーズの新型では?」と述べた。


GPD社の歴代製品一覧のページを見れば分かるが、GPD社は


WINとPocketシリーズ以外に GPD XDというシリーズを出している。


GPD XDシリーズはOSはアンドロイドで、エミュレーターゲーム機として出されている。





また別のGPDユーザーは、ニンテンドースイッチのような形をしたバージョンのwindows機を出すのでは、


というか出してほしい、と述べていた。こちらはただのユーザーの願望なので根拠はない。







筆者が予想するのは、画面サイズが8インチ・9インチのUMPCを出すのではないか、と考えている。


理由は、2018年7月に日本・東京で開催されたGPDユーザーカンファレンスと、そのニュース記事を根拠にしている。





2018年7月のGPDユーザーカンファレンスでは、事前に参加予定ユーザーがGPD社への要望や質問を書いておき、


開催日にGPDがその要望や質問に答えつつ、まだ量産されてないGPD Pocket2の実機プロモーションが行われた。




この時に、GPDユーザーが出した提案の中で、GPD社長が特に前向きに検討したいとなったのは


7インチサイズのGPD Pocket2よりも、少し大きい画面サイズやキーボードサイズを持つ新製品、というものだった。





7インチよりも少し大きいサイズということは、8インチか9インチが妥当な所だ。


また、現在そのサイズの販売中のUMPCは不在なので、隙間産業を狙っているGPD社にとっても魅力的なポジションだ。




また、この事については、GPDユーザーカンファレンスの後のインタビュー記事の最後にも書かれている。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(引用)


>また、Thunderbolt 3を備え外付けGPUを接続できるようにした製品や、

>7型より少し大きめの製品に関しても開発意欲を示していた。

>GPD WIN 2とGPD Pocket 2はロングラン製品となりそうで、

>次期までにラインナップやバリエーションを増やすようである。

>UMPC好きのユーザーなら、今後もGPDの動向から目が離せないだろう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



引用元:pc.watch様より
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/1133028.html





実際に、7インチより少し大きい小型ノートパソコン(UMPC)のバリエーションを望むGPDユーザーは多い。


インテルのCPUの10nmプロセス「Ice Lake」が遅延している為、


現状のGPD WIN2やGPD Pocket2から早期に性能向上を図ることは難しい。





ならば、インテルが省電力で劇的な性能向上のある新世代CPUをリリースするまでの長い期間の間に、


これまでとは違う新製品のバリエーションを増やして、企業としての生存戦略を計るのは悪くない。


多数の製品を製作する場数を踏めば、その分2020年予定のGPD WIN3の安定性と製品クオリティも高まることだろう。





ひとまずは、GPDの新製品がどんな物になるのか、


またGPD WIN3がどんな形で出てくるのかを期待して待ちたい。













トップページに戻る







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





※以下、トップページに戻るのが面倒な人用に、


  トッページのメニューをそのままコピー







GPD WIN2  情報集積サイト



手の平サイズの超小型windows10ノートパソコン「GPD WIN2」。


ジョイスティックや十字キー、4色ボタン等のゲームパッド内臓。タッチパネル・キーボードあり。




※クラウドファンディングで出資した人は通常販売より先に入手しています。






AmazonのGPD WIN2の予約販売ページ







<基本情報>



GPD WIN2のスペック・初代GPD WINからの改善点

GPD WIN2の紹介&前代との比較情報あり




どこで買うのがベスト?

販売店について




保障と修理

不良品や不具合の場合





<ストレージ(容量)の増設>



換装用SSD情報

SSD冷却アイテム等も紹介。 換装しなくても知ってた方がよい

換装方法も紹介




USBメモリ・マイクロSD情報

マイクロSDの対応規格も記載。

USBハブ・マイクロSDカードリーダー等についても。




公式ドライバ・ファームウェア

入手先





<トラブル>



報告されているトラブル・不具合

個体差があります




windows10の自動アップデートをしない設定方法

既にアップデートしてしまった人向けに、

前のバージョンに戻す方法も紹介





<持ってた方がいい道具>



周辺機器おすすめ情報

保護フィルム、防塵コネクタ、ポーチ、放熱対策グッズ、外部出力HDMI……その他色々




使用可能な充電器

初期付属ACアダプター以外での充電可能な物





<ゲーム関連>



おすすめ外部コントローラー

任天堂のジョイコン・プロコンが使える? プレステやXBOXコントローラーも

内臓ゲームパッドの弱点と寿命の延ばし方。




動作するゲームの目安

低負荷設定を行うとよりよい





<便利ソフトウェア>



ボタン設定変更ソフト

JoyToKeyやController Companionについて




ウイルス対策ソフト

安心の大手製




一部ゲーム画面表示の不具合の修正ソフト

横半分が表示されない・表示が縦の場合






<歴史>



GPD WIN2の経緯と遍歴

これまでの出来ごと




次のGPD WIN3の性能予測、いつでるのかについて

あくまでも目安




GPD社の歴代製品一覧

唯一無二の製品








AmazonのGPD WIN2の予約販売ページ










トップページに戻る