GPD WIN2  情報集積サイト


トップページに戻る




<おすすめ外部コントローラー>





「何で内臓ゲームパッドがあるのに外部コントローラー?」





そう疑問に思った人がいるかもしれないが、実は一定の需要がある。


外部コントローラーが必要とされるケースは複数ある。






<ケース1:内臓ゲームパッドの寿命を延ばしたい派>





一体型コントローラー(内臓ゲームパッド)の怖い所は、破損したら代替が難しい所だ。





自分で分解修理・改造できる玄人ならともかく、一般ライト層には厳しい。


修理に出せば一部分のみだけでも一万円以上は軽くとぶだろう。






そして残念な事に、GPD社の内臓ゲームパッドは


任天堂やソニー、XBOX等の大手ゲーム機コントローラーと比べると、耐久性は低く脆弱だ。






初代GPD WINからGPD WIN2に進化してからは耐久性と操作性は向上したが


上記の3つの家庭用ゲーム機メーカー製と比べると明らかにランクは落ちる。






落胆するかもしれないが、GPD社のような中小企業と、


世界的に有名な三大ゲーム機メーカーを同レベルで語るのは酷だ。





会社の規模、財力が違いすぎるので、分かった上で受け入れねばならない。








とはいえ、GPD WIN2をいち早く手に入れたユーザー間では、


想像以上に操作性がよいと好評なので


少なくとも初代GPD WINよりは進化したということで期待してよいだろう。






話が逸れたが、外部コントローラーを必要とする他のケースの紹介に戻る。







<ケース2:既に内臓パッドがダメになった派>




GPD WIN2はまだ出て間もないが、


初代GPD WINの例を見るに、使い込んでくるとその内ダメになる個体は出てくるだろう。





特に激しいアクションゲームを行う場合は


寿命が特に短くなる恐れがある(個体差はあれど)。





さて、内臓ゲームパッドがダメになった場合、どうするか?


大人しく修理に出すか、外部コントローラーを使ってゲームをプレイする、という2通りになる。







<ケース3:操作性を向上させる為に派>




GPD WINシリーズの発想は素晴らしい。





超小型で、キーボードと液晶タッチパネルがあり、


ゲームパッドを内蔵したWindowsパソコンなのだから。








しかしやはり、純粋なコントローラーとしての操作性は、


大手の家庭用ゲーム機メーカーに勝ちを譲らざるをえない。






前述した通り、中小企業のGPD社に


世界的に有名なゲーム機メーカーと全く同じ水準を求める事自体がよくない。







だがそれでも、ゲーマーは慣れ親しんだ家庭用ゲーム機の操作性を既に知ってしまっているので


人によっては操作性に不満があったり、慣れなかったり、違和感を感じるかもしれない。






そういった場合に、大手メーカーの出している外部コントローラーを使って、


GPD WN2にて、家庭用ゲーム機と同じ操作性を確保するということだ。







<ケース4:単純にジョイコンやプロコンやプレステ・XBOXコントローラー等を使いたいから派>




そもそも深い考えはなく、単純に「GPD WIN2でジョイコン(例)が使いたいなあ」等と思っている人も珍しくない。




GPD WIN2のパッド操作に不満はないしよく使うけど、ジョイコンやプレステ・XBOXの物が使えたら更に嬉しい。そんな感じだ。


彼らは間違っていない。むしろ正しい。







<そもそも外部コントローラーは使えるのか?>




使える。





というのは、GPD WIN2はあくまでもwindows10搭載の小型パソコンだからだ。






分かりやすく言ってしまえば、windows10で動く物は動くし、動かない物は動かない。


そしてwindows10でジョイコン、プロコン、プレステ・XBOXコントローラーは動作する。






これは嬉しいことだが、早まってはいけない。





コントローラーの機種・または動作させる環境やソフトによっては


ユーザー側からあれこれシステム設定する必要がある。






その時によく愛用されているソフトはJoyToKeyだ。







ユーザーが何をどう使うかは多岐に渡ると思うので、具体的には


グーグル検索などでwindows10と動作させたいコントローラー名で検索して、各自設定すべし。







<使えるコントローラーをより具体的に>




いちいち検索するのが面倒な人の為に、



一例として使えるコントローラー(任天堂・ソニー・XBOX)


について、簡単に解説を行う。







<XBOXコントローラー編>




「XBOXの本体はともかく、コントローラーだけは史上最高の使い心地」





そんな評価がネット上では昔から多く上がっている。


XBOX本体自体は持っていないが、コントローラーだけ買ってパソコンで使っている人は物凄く多い。





有名なのがSteamゲームをたしなむユーザー達だ。






XBOXコントローラーの何が一番素晴らしいか?





操作性もさることながら、PCと接続しただけでSteamのキー設定を自分で割り当てる必要なく


接続した段階でSteamのゲームをすぐに遊べる点だ。




ワイヤレス・有線接続、どちらも可能。






ここでは純正品を紹介しておく。





知らない他メーカーが類似品を出しているが、評判はよくないので純正品を買おう。


GPD WIN2はbluetooth搭載なので、問題なくワイヤレスで接続が可能だ。







ただ、XBOXコントローラーの純正品でも通常版とハイグレード版の二種があるので


どちらを買うかは自分の好み、用途で選ぼう。





<XBOX通常コントローラー(xbox one)版>





マイクロソフト ゲームコントローラー Bluetooth/有線接続/xbox one/Windows対応






ワイヤレス・有線接続、どちらも可能。



xbox oneタイプ。







<ハイグレード版XBOXコントローラー>




製品名:Xbox Elite




Xbox Elite ワイヤレス コントローラー





値段は通常版より高いが、性能は更に高められている。



ワイヤレス・有線接続、どちらも可能。







<XBOXコントローラーの充電器>




Xbox One プレイ&チャージ キットという


マイクロソフト社純正の充電器をここで紹介。




Xbox One プレイ&チャージ キット





Xbox Oneコントローラーは勿論、


上位版のXbox Eliteコントローラーでも使用可能。







<余談:旧型の360版>




もはや古いが、以前は360版と呼ばれる


XBOXコントローラーがあった。





余程のこだわりがない場合は今旧型を選ぶ必要性は薄い。





<有線版>



コントローラー 有線/Xbox360






<ワイヤレス版>



コントローラー ワイヤレス/Xbox360








<任天堂コントローラー編>





最近ではNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の成功で大きく盛り返した任天堂。



そのニンテンドースイッチのコントローラーがwindows10で使用可能だ。






<Nintendo Switch Proコントローラー >




通称プロコンと呼ばれる。





ニンテンドースイッチ本体とは別売りで売られている


上位版に位置づけられたコントローラーだ。





なんと2018年5月に正式にSTEAMへの対応アップデートが行われた。





そのニュース記事(inside-games様より)

https://www.inside-games.jp/article/2018/05/03/114459.html




そういう訳で最近になってsteamでの使用が可能となった。




Nintendo Switch Proコントローラー






有線・無線(bluetoothワイヤレス)両方可能。






<プロコンの充電器>




充電する場合にどうぞ。ジョイコンでも使用可能。




ジョイコン Proコントローラー 充電スタンド



【ジョイコンとプロコンを同時に充電】これ1つで全部充電できる 充電スタンド









<Joy-Con(ジョイコン)>




ニンテンドースイッチに付属しているコントローラー。


残念ながらプロコンと違い、現段階ではSTEAMに対応していない。






とはいえ、bluetoothを搭載している為、


ユーザー側がJoyToKeyというソフトを使ってキー設定を行えば、パソコン上で動作するようになる。


つまり、GPD WIN2にて使用可能だ。




Joy-Con (L) ネオンレッド/(R) ネオンブルー






無線(bluetoothワイヤレス)接続のみ。







<問題点>




ジョイコンをPCと繋ぐと、スイッチ本体とのペアリングが切れてしまうという報告がある。







よって、もしもパソコン……GPD WIN2でジョイコンを使う場合は、スイッチ本体用とは別に


新たに1セット分のジョイコンを買っておく事をオススメする。





ジョイコンはスイッチ本体とは別に単品で売っているので、好きな色を買うといいだろう。







<様々なカラーバリエーション>



Joy-Con (L) ネオングリーン/(R) ネオンピンク




Joy-Con (L)/(R) ネオンイエロー



Joy-Con (L)/(R) グレー



Joy-Con (L)/(R) レッド



Joy-Con (L) ネオンレッド/(R) ネオンブルー








<ジョイコン専用の充電器を持っていた方がいい>





ジョイコンのみで使う場合、専用の充電器を持っていた方がいい。






ニンテンドースイッチ本体と物理的に接続して充電も可能だが、


スイッチ本体側のバッテリーを無駄にヘタらせるだけなので、スイッチ本体を大事にしたいなら


ジョイコンのみの充電器を買っておいたほうが無難である。




Joy-Con充電スタンド for Nintendo Switch



Joy-Con充電スタンド Siensync 4台同時充電



Joy-Con充電スタンド 知能断電モード付き









<Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式)>




ジョイコンのバッテリーを更に強化する為の任天堂公式グッズ。




Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式)






ジョイコンのバッテリー持続時間を更に高めることが出来る。








<充電タイプの乾電池セット>




もしも上記のJoy-Con拡張バッテリーを使うなら、乾電池が必要だが



使い捨てタイプの乾電池を使っていてはゴミが出る上に出費がかさむので






(標準版)



パナソニック eneloop 急速充電器セット 単3形充電池 4本付き スタンダードモデル







使うなら何回でも充電可能なタイプの乾電池をオススメする。




充電を長いこと待つのもアレなので、急速充電可能な物を紹介。


安心のパナソニック製。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




400円程高くなるが、上記の電池の大容量版もあるので紹介。





(大容量版)



パナソニック エネループ 急速充電器セット 単3形充電池 4本付き 大容量モデル





ちなみに、どちらも単3電池の4本セット。





ジョイコンの拡張バッテリーでは片方に単3電池が2本必要。


左右両方のコントローラーに必要なのは合わせて4本。





数としてはちょうどピッタリの物。









<キー設定の方法>





キー設定などの情報は各自グーグル検索などで探して頂きたいが



面倒な人の為に一例を紹介しておく。





設定参考例(hyperT'sブログ様)

https://hyperts.net/20180212/joycon-windows10-setting/










<プレイステーション版コントローラー編>





有名なPlayStation、通称プレステ。


普通の形をしたコントローラーの中では最も多くの一般人が見たことがあると思われる。





<PS4版コントローラー>




ps4版コントローラー「DUALSHOCK 4」はsteamに対応している。





対応している……のだが、残念ながらXBOXコントローラーと違い


色々とユーザー側で設定を行わなければならない。






ちなみにDUALSHOCK 4では旧型と新型がある。


新型ではワイヤレス以外に有線接続も可能。




<新型版>





ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) ジェット・ブラック(CUH-ZCT2J)







<PS4コントローラーの充電器>




一度に複数充電可能。



PS4/PSVR 充電スタンド コントローラー 四充電ステーション








<コントローラー設定>




設定などの情報は各自グーグル検索などで探して頂きたい




設定参考例(indiegame-japan様)

http://indiegame-japan.com/blog/2016/12/15/post-1809/











<結局どの外部コントローラーがいいの?>




使うのは自分なので好きな物を選ぶことを推奨したい。






それでも絞ってほしい人がいるかもしれないので、


あくまでも考え方の一例として以下に述べる。






性能や特徴から絞り込むとしたら、


XBOXコントローラーかジョイコンに優位点がある。





<何故?>




まずXBOXコントローラーはSteam等のゲームを遊ぶために最適化されており


ユーザー側が面倒なキー割当などの作業を一切行わずに済む。





また、PCゲームユーザー、もといSTEAMゲームユーザーが最も愛用しているコントローラーであり


使用人口も多く、PC用コントローラーとしての長年の実績と信頼は厚い。


ネット上での情報量も一番多い。





何かあった時にはすぐに調べて情報が出てくるのは安心だ。






<もう一つは?>




ジョイコンを挙げたのは、一重に最も特殊で類似コントローラーがないためだ。




他は一般的コントローラーの形で似ており、手間や設定の面倒の無さ・情報量から


XBOXコントローラーに軍配が上がるが、





唯一無二の形と独自の使用が出来る点ではジョイコンが優れている。






ただ、ジョイコンには大きな欠点がある。


キー設定などを全てユーザー自らが行わなければならないからだ。






そしてネット上での情報がまだ少ない点から


面倒を避けて使いたいユーザーには不向きである。





ただ、手間をおしまない&独自の使用感を求めるユーザーには最もマッチすると思われる。





※繰り返すが、あくまでもこれは考え方の一例であって、自分の好きなコントローラーを選べばよい。使うのは自分なのだ。














トップページに戻る







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





※以下、トップページに戻るのが面倒な人用に、


  トッページのメニューをそのままコピー







GPD WIN2  情報集積サイト



手の平サイズの超小型windows10ノートパソコン「GPD WIN2」。


ジョイスティックや十字キー、4色ボタン等のゲームパッド内臓。タッチパネル・キーボードあり。




※クラウドファンディングで出資した人は通常販売より先に入手しています。






AmazonのGPD WIN2の予約販売ページ







<基本情報>



GPD WIN2のスペック・初代GPD WINからの改善点

GPD WIN2の紹介&前代との比較情報あり




どこで買うのがベスト?

販売店について




保障と修理

不良品や不具合の場合





<ストレージ(容量)の増設>



換装用SSD情報

SSD冷却アイテム等も紹介。 換装しなくても知ってた方がよい

換装方法も紹介




USBメモリ・マイクロSD情報

マイクロSDの対応規格も記載。

USBハブ・マイクロSDカードリーダー等についても。




公式ドライバ・ファームウェア

入手先





<トラブル>



報告されているトラブル・不具合

個体差があります




windows10の自動アップデートをしない設定方法

既にアップデートしてしまった人向けに、

前のバージョンに戻す方法も紹介





<持ってた方がいい道具>



周辺機器おすすめ情報

保護フィルム、防塵コネクタ、ポーチ、放熱対策グッズ、外部出力HDMI……その他色々




使用可能な充電器

初期付属ACアダプター以外での充電可能な物





<ゲーム関連>



おすすめ外部コントローラー

任天堂のジョイコン・プロコンが使える? プレステやXBOXコントローラーも

内臓ゲームパッドの弱点と寿命の延ばし方。




動作するゲームの目安

低負荷設定を行うとよりよい





<便利ソフトウェア>



ボタン設定変更ソフト

JoyToKeyやController Companionについて




ウイルス対策ソフト

安心の大手製




一部ゲーム画面表示の不具合の修正ソフト

横半分が表示されない・表示が縦の場合






<歴史>



GPD WIN2の経緯と遍歴

これまでの出来ごと




次のGPD WIN3の性能予測、いつでるのかについて

あくまでも目安




GPD社の歴代製品一覧

唯一無二の製品








AmazonのGPD WIN2の予約販売ページ










トップページに戻る