GPD WIN2  情報集積サイト


トップページに戻る




<USBメモリ・マイクロSD情報>





GPD WIN2では


microSDスロットが一つ、USB Type-Aが一つ、USB Type-Cが一つある。






USB Type-Cは充電口でもあるので、ひとまずそれで枠は埋まる。


そうするとマイクロSDとUSB Type-Aが残る。


この二つが本体ストレージを補強する予備ストレージ枠と考えていい。






<GPD WIN2でのマイクロSD速度と問題>





・初代GPD WINと比べてマイクロSDのスロット性能が上がり、速度は最低でも二倍以上は出るようになった。



・初代GPD WINのプチフリ問題はなくなった。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





GPD WIN2ではマイクロSDのUHS-Iに対応している。





しかしUHS-IIやUHS-IIIの規格には対応していない。


したがって、UHS-IIのカードを入れてもUHS-Iと速度はさして変わらない。






よって、GPD WIN2に入れるカードは奮発してUHS-IIのカードを入れても意味が無いので


買うならUHS-Iのカードで、容量が多い物を買えばよい。







<UHS-IとかUHS-IIとかの意味が分からない人へ>




速度のクラス表記と考えればよい。


今の標準的速度、最も普及しているマイクロSDカードの速度がUHS-Iである。





スピードの違い(理論値・最大値)


UHS-I|104MB/秒

UHS-II|312MB/秒

UHS-III|624MB/秒





こう見ると一見UHS-Iがショボく見えてくるが、


UHS-IIは値段が高く、対応する製品も少ないのであまり普及していない。


UHS-IIIは2017年に誕生したばかりなのでそもそも製品がほとんど発売されていない。





通常使用ならUHS-Iで十分という事だ。







<初代GPD WINのプチフリ問題は解決>





前機である初代GPD WINでは俗に「プチフリ」と言われる問題があった。





しばらくマイクロSDにアクセスがないとマイクロSDスロットがスリープするため、


ユーザーはそのもっさり感に苦しめられてきた。






しかしそれは初代GPD WINに搭載されていたATOM特有の問題であった為どうにもならなかった。





どうにもならないので同じくATOMを積んだGPD POCKETでは


WIN1での苦情にイラついたと思われるGPD社にマイクロSDスロットそのものを無しにされた。





が、今回WIN2からCore Mを積んだ為復活、プチフリ問題は解決し、成仏した。






※ごくまれにマイクロSDへの反応が断続的に切断される個体がある。


  今回からは普通はならない。それは明らかに不良品なので修理に出そう。








<オススメのマイクロSDカード>





現在販売されている日本での容量の大きいマイクロSDは


サンディスクの400GBの物が有名。




※追記:このページ作成時から時間が経過し、


  後で512GBのマイクロSDが登場したので、400GBは二番目に容量が大きいカードとなった。



  512GBのマイクロSDについては追記として128GB版の後に紹介する。





<400GB>







SanDisk Ultra 400GB microSDXCメモリーカード UHS-I









次は256GB。


これはサムスンも出している。




<256GB>




サンディスク製

microSDXC 256GB SanDisk サンディスク UHS-1







サムスン製

Samsung microSDカード256GB EVOPlus UHS-I U3対応









次はサンディスクの200GB。


もっとも値段に対してコストパフォーマンスが高い。




<200GB>






microSDXC 200GB SanDisk サンディスク UHS-1









次は128GB。


種類は豊富だ。





<128GB>




サンディスク製

microSDXC 128GB SanDisk サンディスク UHS-1







東芝製

東芝 Toshiba 超高速U3 4K対応 microSDXC 128GB







サムスン製

microSDXC 128GB Samsung サムスン EVO Plus UHS-I







Team製

Team Micro SDHC/SDXC UHS-1












<追記:512GBのマイクロSDが登場>




これまでのマイクロSDの最大容量は2017年9月に登場したサンディスクの400GBの物が世界最大容量だった。




しかし、2018年2月頃、英国のIntegral Memory社が、世界最大容量の512GBのmicroSDカードを発表した。

(その時のニュース記事)
https://japanese.engadget.com/2018/01/23/512gb-microsdxc-2-v10/




だが発売が何度か延期され、5月あたりから英国アマゾンで販売されるようになったが、日本への販売は不可表示だった。


(後に、輸入業者がIntegral製の512GBのマイクロSDを日本アマゾンでも輸入販売してるが、元の値段より無駄に高いのでオススメしない)






その後に、同じく五月頃、台湾の半導体メーカーTeam社が512GB版のマイクロSDカードを販売。

(その時のニュース記事)
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1123527.html





更に同じく五月、バルク品(中身はGreenHouse製)の512GB版のマイクロSDカードも登場。

(その時のニュース記事)
http://ascii.jp/elem/000/001/685/1685395/





そして2018年8月頃、日本企業である磁気研究所のHIDISCブランドから512GB版のマイクロSDカードも登場。

(その時のニュース記事)
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1136603.html






GreenHouse製以外の物は日本アマゾンで販売しているのを見つけたので、以下に紹介しておく。






<512GB





HIDISC製

HIDISC microSDXCカード 512GB CLASS10 UHS-1対応 SD変換アダプタ/ケース付き HDMCSDX512GCL10UIJPZ






Team製

Team microSDXCカード カラータイプ 512GB 高速転送UHS-1 日本国内10年保証 SD変換アダプター付属 正規品

(※在庫切れになるとたまに256gb版のページが表示されたりします)





Integral Memory製

Integral 512 GB microSDXCメモリカードcl10 UHS - I u1








<補足>



品質と耐久性という意味では大手ブランド的にサンディスク製が最も有名。


値段も下がってきているので、512GBに思い入れが無い人はサンディスク製の400GBにした方がいいかもしれない。




しかし、値段が高くても何よりも沢山データを詰め込める最大容量を求めている人は


512GBのマイクロSDは最も魅力的かもしれないので、情報を記述。





ちなみに保障面では、HIDISC(日本製)は1年保障


Team(台湾製・日本語で問い合わせ可能)は10年保障がついている。


もしも保障期間内にマイクロSDが使えなくなった場合は無償交換して貰える。














<USBメモリ>





USBメモリだが、ことGPD WIN2という特殊な機種では普通のPCと違って


オススメすべきUSBメモリの基準が変わってくる。





どういうことかと言うと、USBハブを使わず、そのままUSBメモリを刺すスタイルのことだ。




携帯ゲーム機のように両手で持って操作する場合や


カバンの中に放り込んで、USBメモリは刺したまま運用する人もいるだろう。






そうなると従来の長いUSBメモリは邪魔である。



必然的に短く、刺したらほぼでっぱりのない状態になるようなUSBが好まれてくる。








<オススメの超小型USBメモリ>






サンディスク256GB

SanDisk USBメモリ 256GB







サンディスク128GB

SanDisk USBメモリ 128GB







サムスンの128GB

Samsung USBメモリ 128GB












<USBハブ編>




WIN2にはUSBタイプAの穴が一つしかない。


USBの穴を増やして有線マウスを繋げたり、有線外部コントローラーを繋げたり、


外付けHDD、外付けDVDドライブ等を繋いだり、






はたまたは、複数のUSBメモリを挿して、外部ストレージを増強したりなど


何かとあったら便利な物だ。






GPD WIN2のUSB規格はUSB 3.0。


USB 2.0の物も使用可能。







<ケーブル型USBハブ>




いくつか手頃なケーブル型USB 3.0規格のハブを紹介。



Anker USB3.0 ウルトラスリム 4ポートハブ





エレコム USB3.0 ハブ 4ポート マグネット付 ブラック










<直挿し型USBハブ>




ケーブル型は机上での使用はともかく、持ち上げての使用だと


ケーブルが邪魔に思えてきたり内部で断線する場合がある。


そんな時用に直接挿すタイプも紹介したい。




USBハブ 3ポート USB3.0+USB2.0コンボハブ 超小型





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





エレコム USB2.0 ハブ 3ポート 直挿し・回転式 ブラック


エレコム USB2.0 ハブ 3ポート 直挿し・回転式 シルバー







このUSBハブは変わっていて、回転式なので好きな向きに変えられる。


また、延長ケーブル付属。更に、使ってないUSB穴に挿す用の保護キャップも付属している。


ただUSB 2.0規格なのでUSB 3.0と比べると速度は落ちる。だが発熱はかなり低くなる。


GPD WIN2はUSB 2.0とUSB 3.0の両方に対応している。










<外部カードリーダー>





外部ストレージを増強する他の方法に、


USB接続型のカードリーダーを挿す方法もある。






これにより、SDカードやマイクロSDカード等が更に複数使えることになり


内臓マイクロSDスロットの一枚以外に、更にカードを使う事が出来る。








カードリーダー USB3.0 SD/TFカード type c/Micro USB/USB全対応




小型カードリーダー OTG USB 変換コネクタ USB 2.0



USB C ハブ 4kHDMIとVGAポートRJ45ポートPD充電ポートSD&TFカードリーダー USB3.0 多機種対応




















トップページに戻る







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





※以下、トップページに戻るのが面倒な人用に、


  トッページのメニューをそのままコピー







GPD WIN2  情報集積サイト



手の平サイズの超小型windows10ノートパソコン「GPD WIN2」。


ジョイスティックや十字キー、4色ボタン等のゲームパッド内臓。タッチパネル・キーボードあり。




※クラウドファンディングで出資した人は通常販売より先に入手しています。






AmazonのGPD WIN2の予約販売ページ







<基本情報>



GPD WIN2のスペック・初代GPD WINからの改善点

GPD WIN2の紹介&前代との比較情報あり




どこで買うのがベスト?

販売店について




保障と修理

不良品や不具合の場合





<ストレージ(容量)の増設>



換装用SSD情報

SSD冷却アイテム等も紹介。 換装しなくても知ってた方がよい

換装方法も紹介




USBメモリ・マイクロSD情報

マイクロSDの対応規格も記載。

USBハブ・マイクロSDカードリーダー等についても。




公式ドライバ・ファームウェア

入手先





<トラブル>



報告されているトラブル・不具合

個体差があります




windows10の自動アップデートをしない設定方法

既にアップデートしてしまった人向けに、

前のバージョンに戻す方法も紹介





<持ってた方がいい道具>



周辺機器おすすめ情報

保護フィルム、防塵コネクタ、ポーチ、放熱対策グッズ、外部出力HDMI……その他色々




使用可能な充電器

初期付属ACアダプター以外での充電可能な物





<ゲーム関連>



おすすめ外部コントローラー

任天堂のジョイコン・プロコンが使える? プレステやXBOXコントローラーも

内臓ゲームパッドの弱点と寿命の延ばし方。




動作するゲームの目安

低負荷設定を行うとよりよい





<便利ソフトウェア>



ボタン設定変更ソフト

JoyToKeyやController Companionについて




ウイルス対策ソフト

安心の大手製




一部ゲーム画面表示の不具合の修正ソフト

横半分が表示されない・表示が縦の場合






<歴史>



GPD WIN2の経緯と遍歴

これまでの出来ごと




次のGPD WIN3の性能予測、いつでるのかについて

あくまでも目安




GPD社の歴代製品一覧

唯一無二の製品








AmazonのGPD WIN2の予約販売ページ










トップページに戻る